交通事故と症状固定

交通事故で入院や通院をすると治療費がかかってきます。そのためずっと継続して通院や入院を指せることは一般的に保険会社は認めていません。ある程度まで入院や通院をして症状の改善が見られない場合には医師は症状固定と判断します。症状固定になるとその時点で治療は一旦中止になります。ただ今後も治療を続けたいとなると自分の健康保険を使って自費で通院をすることになります。この点は全く問題ないことです。自費で通うために保険会社にとっては全くでデメリットはありません。

症状固定になると多く言われるのが後遺障害の手続きです。これは後遺障害を抱えることになったことを認定してもらうための作業です。交通事故で6ヶ月をめどにして継続して通院や入院をし、症状固定になった時点で後遺障害認定のための診断書を作成します。これは主治医が作成するものです。後遺障害に認定されると通院や入院の場合以上に、交通事故での受け取る金額が大きくなるのでけがなどが治らない場合には後遺障害に認定されるように手続きを行う必要があります。

交通事故で症状固定になるということは後遺障害の申請を考えなければならないということです。そのため交通事故に遭ったら通院や入院、その後の症状固定までの流れを頭に入れておく必要があります。